for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

謹賀新年

新年を迎え皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

本年もAguajournalをよろしくお願いいたします。

平成24年 元旦

e0149241_9593751.jpg

[PR]
# by aguajournal | 2012-01-02 09:59 | Etc.

カメラ遊び

中古のレンズ付きNikon D70がお手頃価格で出ていたのでGetいたしました。
e0149241_2236129.jpg


こちらは以前に入手していた同じくNikon PB-4。
e0149241_22393184.jpg


PB-4を三脚にセットして・・・
e0149241_22402090.jpg


D70と合体させると、こうなります。
e0149241_2241485.jpg


レンズもNikonのEL-NIKKOR 105mm f5.6。
e0149241_22422646.jpg


このPB-4なんですけど、

こんなふうに伸びたり・・・
e0149241_2243124.jpg


レンズ部分が左右に動いたり(シフト)・・・
e0149241_22434986.jpg


右を向いたり、左を向いたり(スイング)・・・
e0149241_2244283.jpg


と、まぁ、こんな動きができます。
で、そういうことができるとどういうことになるかと言いますと・・・

こちらの写真。
鉄道コレクション、長野電鉄の2000系を撮影したのですが、この電車のように奥に長い被写体を撮ると通常だと手前にはピントが合っているのですが、奥はボケています。
e0149241_22465213.jpg


こういう写真を撮るとき「奥まではっきりと写したいなぁ」と思った事はありませんか?

それがこのPB-4を使うと出来るんです。
こんな感じ。
e0149241_22485844.jpg


奥まできっちりとピントが合っていませんが、普通に撮影した時と比べるとピントが合っているように見える範囲が奥まで広がっています。
一言で言うと、被写界深度が深くなっています。

最初にレンズを前後に動かして電車の先頭にピントを合わせます。
その後、奥までピントが合うようにレンズをシフト&スイングさせると、こういうふうになります。

大判だと、もともとシフトやスイングができるのですが、デジカメそのままだとそういうことができませんでした。

しか~し、このPB-4があればデジカメでもシフトやスイングが可能となります。
次回のコンテスト用撮影は、このPB-4を使ってみようと思います。
e0149241_22573663.jpg

[PR]
# by aguajournal | 2011-12-28 22:59 | Photo

かれんで・・・

皆様、クリスマス三連休はいかがお過ごしでしょうか・・・
私は23、25日と寒い中、芝刈りに行ってまいりました。
23日は山間部のコースだったので、行く途中、車内の外気温を示す表示が「-4.0℃」となっておりましたです。
25日は風もなく、それほど寒くなかったですね。

という芝刈り三昧の3日間でしたが、中日の24日に佗び草の「かれん」と流木で久しぶりにアクアな作業を行いました。
e0149241_22114565.jpg

この流木、サイズは小さいですが、横にしてよし、立ててよし、平らにしてもよし、なかなかGoodな流木であります。
今回は平らにして、枝の間にかれんを入れ込みました。
水が濁っていますね・・・(^^;)
e0149241_22133894.jpg


砂は新製品のラプラタサンド。
砂のつぶが細かくて良い。
e0149241_2214831.jpg


かれんだけだと、ちょっと寂しいのでミニシダと苔でお化粧しました。
e0149241_22153578.jpg


こんな感じであります。
e0149241_22171876.jpg


水が濁っているので、入れ替えしないとね・・・と思っていたら、翌日には流木ですっかりブラックウォーターもどきになっていました。
e0149241_2219819.jpg


こまめに水換えした方が良いですね~。
e0149241_22201679.jpg

[PR]
# by aguajournal | 2011-12-25 22:21 | NA Style

お久しぶりです

ほぼ1カ月半ぶりの更新となります。
サボっていて申し訳ありません。
ちいっと「Nの世界」に行っておりまして、こんなに間が空いてしまいましたm(_ _)m。

以前からNゲージはちょこちょこやっていたのですが、ここ1カ月ほどディティールアップといいますか、弄るのが面白くてそちらにはまっておりました。
そのきっかけとなったのはこちらの機関車EF64。
e0149241_16383916.jpg

エアホースやら何やらてんこ盛りで男の子ごころをソソリマス。
こちらは他の方がディティールアップしたのを譲っていただいたのですが、自分もやってみたい、と・・・

NEXの併結部の貫通扉を再現してみたり・・・
(ホロとカットした扉を両面テープで貼っているだけです)
e0149241_16423851.jpg


北斗星とカシオペア牽引機にエアホースを付けてみたり・・・
(実際とは位置が微妙に違いますし、そもそもこの2両でも位置がずれています。雰囲気ということでご勘弁下さい)
e0149241_1644191.jpg


北斗星の室内にシールを貼って再現してみたり・・・
(そういうシールを売っているので、しこしことカットして貼りつけ)
e0149241_16451362.jpg


という具合に遊んでいたら、いつの間にか更新の間がこんなに・・・

そこで、「これではいかん。そろそろ来年のコンテスト用に準備もしないと・・・」と本日久々にVividさんに遠征してまいりました。
店頭でADAの新製品「ラプラタサンド」を使ったミニM水槽があって覗いてみたのですが、これは綺麗でなかなかGoodです。
粒が細かくて光の加減でキラキラした感じもあって良いと思います。
e0149241_16484624.jpg


来年のコンテストに使ってみようかなぁ。
そういえば、来年のコンテストは路線を変えて、ちょっと遊び心全開で行こうと思います。
流木を使って水槽サイズは45。
葉の小さな水草中心に組んでみようと思いますが、はたしてイメージ通りに行きますかどうか。

お店でいろいろポスターなども頂いてしまいました。
(アクアジャーナルは買いましたよ)
e0149241_16511061.jpg


今月のアクアジャーナルは「新年号」なんですね。
早いですねぇ。
e0149241_16514664.jpg


とか言いつつ、Vividさんから車で戻る途中、首都高走行中に車後部から異様な振動と音が発生したので、ランプで降り路肩に止めてみると、後部左のタイヤがパンクでこんな状態に・・・
e0149241_16532018.jpg


首都高から降りるのに少し走行してしまったのでズタズタです・・・orz。
保険会社とディーラーに連絡してレッカーを手配してもらい、ドナドナドナ~とディーラーサービスセンターに入院となりました。
e0149241_16553296.jpg


年末を控え余計な出費が・・・
アクアからNに浮気していた天罰が下ったのかも・・・
[PR]
# by aguajournal | 2011-12-11 17:04 | Etc.

カワイ子ちゃん

ワイルドスカイの松園氏がお書きになっているこの本。
ヤドッキーやレイアウトの写真が豊富で、見ているだけでも楽しいのですが・・・
e0149241_16463817.jpg


その中の一ページに「レティキュラタスヤドクガエル」が掲載されています。
生息地はアマゾン河上流のペルー。
デンドロバテス属では最小のカワイ子ちゃんです。
e0149241_16495813.jpg


そのカワイ子ちゃんが家に到着いたしました。
ネオレゲリア・キョウトを配したレイアウト。
(手が写りこんでしまっていますね・・・)
でも「キョウト」ってなんでしょうね?
京都の人が品種改良で作り出したものなのか???
e0149241_16514280.jpg


出ました!
可愛すぎます。
ネオレゲリアの葉とヤドッキーは合いますねぇ。
e0149241_1654178.jpg


ズームしてみます。
美しい・・・
e0149241_16544744.jpg


背中も真っ赤な極美個体。
e0149241_16534160.jpg


1メス2オスの3匹を導入です。


そして、ネオレゲリア系の新レアトリオ。
e0149241_1657822.jpg


まずは・・・
Neoregelia Eleutheropetala。
一発で読めません。
ピンク色っぽいくすんだ色あいが渋い。
形もカッコ良い。
e0149241_16584669.jpg


続きましてアクメアで・・・
Aechmea Canmea。
こちらも渋い色合い。
葉が垂れていますが、これは傷んでいるわけではなく、こういうふうに垂れる種類とのことです。
これもカッチョ良い。
e0149241_171760.jpg


そしてトリを務めますのが異形のこちら・・・
Aechmea Brevicollis。
e0149241_1724190.jpg

これ、変わってますよね。
上部が閉じているんです。
これから開いてくるのでしょうか?????
横から見ると筒を束ねたようになっています。

世の中にはいろいろと変わったものが多いですねぇ。

というカワイ子ちゃんと異形のアクメアでした。
[PR]
# by aguajournal | 2011-10-22 17:10 | NV Style