for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

参号機 F1500

自作フィルターシリーズ、とりあえずの最終回です。
参号機は、今までとは違ってポンプを上部に出したタイプで、ろ材の容量もUP。
こちらです・・・
e0149241_17402158.jpg

容器の容量は1500ccで弐号機800ccの約2倍。
容器以外のパーツは、うちのアクアのジャンク箱からゴソゴソと探して調達しました。
加工はシンプルで、上部の蓋と容器の側面に1か所ずつ12mmの穴をドリルで開けるだけ。
後は、プラグインのパーツをねじ込んでエポキシ系接着剤とシリコン剤で固定・止水。
ポンプに繋げて出来上がりです。

I made the third filter by myself.

ポンプ部分のアップ。
e0149241_17483142.jpg

容器側面下部に付けた吸水部。径は12mmです。
e0149241_17492277.jpg


接着剤とシリコン剤が渇いたところで洗面所にて通水テスト。
e0149241_17501634.jpg

吸水部は回転可能です。
e0149241_17504561.jpg

水が入りました・・・
e0149241_175143.jpg

電源投入で・・・
e0149241_17512535.jpg

水の勢いはOK。
ポンプ出水部に繋げているホースのわずかな隙間からごく微量の水漏れがありましたが、これは使用時にリングで締め付ければ大丈夫でしょう。
本体からの水漏れは無いようです。

壱号機から参号機まで、フィルターの自作をしてみました。
ポイントは、加工のしやすい容器(プラスチックなど)を選ぶことだと思います。
あとは水漏れ、注意ですね。
[PR]
by aguajournal | 2009-08-10 17:58 | NA Style