for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Vivallium - Rainy season version - III

動作不良だったレインボーフォギィの交換品が届きましたので、本日、雨季バージョンのセッティングを行いました。

セッティングの前にレインボーフォギィのテストを。
e0149241_23251911.jpg

リモコンもバッチリ、OKです。

まずは、大磯をヨッコしてフィルターとレインボーフォギィを置きます。
e0149241_23264722.jpg


大磯を均して・・・
(この後、レインボーフォギィの位置を前面へ移動することになります・・・(^ ^;))
e0149241_23274578.jpg


ここで、フィルターの動作テスト。
e0149241_2328736.jpg

OKですね。

流木と石を台にして、地面となるパンチング板を敷きます。
e0149241_2328523.jpg


流木をレイアウトして、配水チューブをセット・・・
e0149241_2329979.jpg


今回は土を使わないので、観葉植物の根にウールを巻きつけます。
ウールの内側にはADAのバクター100を撒いてあります。
e0149241_2331237.jpg


観葉植物を並べて・・・
e0149241_23315447.jpg

「美苔」を敷きます。
e0149241_23322185.jpg


水を注いでリビングの置き場所にビバリウムを移動。
熱帯雨林の川の淵、といった雰囲気でしょうか・・・
e0149241_23325951.jpg


上からの図。
e0149241_23344355.jpg


いよいよレインボーフォギィをON!
e0149241_2335776.jpg

おおお~、雰囲気が出てまいりました・・・。
e0149241_23354171.jpg

最初の奥の位置では霧がうまく発生しませんでした。
で、地面を持ち上げて手を突っ込みレインボーフォギィを前面へ移動しました(^ ^;)。

レインボーフォギィを動作させると跳ねた水滴がガラス面にかなり付きますね。
e0149241_23365164.jpg

上に葉っぱなどを持ってくれば、ある程度飛散を防げるかもしれません。
今度の休日にじっくりレイアウトの再調整をしたいと思います。

早く住人をお迎えしたいですね~(^ ^)。
[PR]
by aguajournal | 2009-09-15 23:42 | NA Style