for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ADAの対応について(多少修正)

またADAがやってくれましたね。
コンテスト発表の延期の連絡が来ました。

今年は延期の連絡がこないから、まぁ10周年だし昨年のように遅れが出ないように気合いを入れてやっているのかな、と思っていたら、直前になっての発表延期の連絡。

ADAのHPで昨日まで「7月末の発表をお楽しみに」と言って応募者をギリギリまで待たせておいて直前になって「できません」なんて、それは大人のやることじゃないでしょ。
ビジネスの世界なら違約金ものです。

応募者が多すぎて7月末が無理だ、と言うのならもっと事前に分かっていたはず。
事前に延期の告知をする機会なんていくらでもあったでしょうに。
対応が遅すぎるし下手すぎる。
なんで、分かった時点で連絡しないのか。
「直前に言えば良いよ」くらいの浅い考えだとしか思えない。

それと二年連続の発表延期という大失態。
こんなの一般企業でやったら担当者の首が飛びますよ。
こういうことを平気でやらかすということは、スケジュール管理能力がゼロ、と言われても仕方ないのでは?

自分たちの都合ばかりで物事を進めて、それで参加料を払っている参加者の理解を得られると思っているのでしょうか。

応募者がコンテスト応募にどれだけのエネルギーと時間、コストを費やしていると思っているのか。
その結果発表をどんな気持ちで待ち受けていると思っているのか。
その気持ちを発表前日に単に1通の「ごめんなさいメール」で済ますのか。

プロジェクトマネジメント能力の無さと、ユーザーの気持ちを顧みないADAには失望しました。
若い兄ちゃん姉ちゃんのサークル活動でやるならまだしも、参加料を徴収して開催するからには、きちんとマネジメントしていただきたい。
「小さな命」も良いけど「参加者の気持ち」も少しは考えろ。

二年連続で延期して、こんな直前に告知して、なんて思われるか誰も何も考えないのでしょうか。
おめでたいと言うか、鈍感と言うか・・・
いかにADAが一般常識とかけ離れた考えをしているのかが、よく分かりました。
パーティなんか馬鹿馬鹿しくて行く気にもなれません。

・・・と思いましたが、もうどうでもいいです。
[PR]
by aguajournal | 2010-07-31 00:15 | NA Style