for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夏本番

いやいや、なでしこJapanは凄かったですね!!
TVで見ていてハラハラドキドキでしたが、PKで決まった時は思わず目頭が熱くなってしまいました。
アメリカが押し気味で「うむむ・・・」という感じでしたが、運にも助けられ(運も実力のうちですもんね)PKの時は日本に流れが来ているように思いました。
なでしこJapan、天晴!!
決まった瞬間はTVニュースで何回見ても良いですねぇ。
世界一、おめでとうございます!!

さて、三連休も最終日ですね。
みなさん、どのようにお過ごしになられたでしょうか。

私は、昨日はNゲージのレンタルレイアウトに行って、新幹線を爆走させてまいりました。
100系の「グランドひかり」フル編成はなかなかカッコよいですな。
走らせていたら訳知り風のおじさんが「ありゃあ、オーバースピードだ。スケールスピードにすると300km/h以上出ている。100系は300km/h以上はでないんだがな。」と蘊蓄を垂れていらっしゃいました。
まぁ、どこにでもこの手のおじさんはいますね(^ ^;)。
そんなおじさんは置いておいて、東海道の0系、100系、東北のE2、E3、E4の併結運転など新幹線を楽しみました。
e0149241_17492666.jpg


Nゲージ走行も楽しいのですが、アクアも楽しげなものがありました。
こちらであります。
JUNのCLEAR PLANT。
JUNと言えば、ガラスが綺麗ですよね。
e0149241_17524443.jpg


中身はこんなのです。
大中小の3つのガラス水槽とフィルターが付いています。
大の大きさはW30×D30×H7cm。
中は大の1/2。
小は中の1/2で、大の1/4。
e0149241_1755640.jpg


これら3つのガラス水槽を下から上へ重ねますと・・・。
こんな風になりますね。
重ねるパーツの名前は「カサネラレール」。
レール状だからでしょうか。
小林製薬のネーミングのようですな。
「ナイシトール」みたいな。
e0149241_1757438.jpg


もうお気づきかと思いますが、一番下の水槽からフィルターで一番上の水槽に水を上げて・・・
上からオーバーフローでまた下まで水が循環します。
付属のパーツはエデニックシェルト用のものが使われているようです。
e0149241_1803511.jpg


・・・で、このままではあまり美しくないので、やっぱりADAのリリィパイプミニP-1を(^ ^)。
なかなかよろしくなりました。
e0149241_1832352.jpg


オーバーフロー部分はこういう風になっていまして・・・
e0149241_1841463.jpg

付属パーツにより水位を高くすることもできます。
e0149241_1845625.jpg


そして中間省略で、各水槽にナイルサンドを薄く敷いて日本の水辺植物の佗び草を4つセットした完成型。
上から小型のメタハラを。
オーバーフローで下に水が落ちる部分には、小石をいくつか置いて砂が巻き上がるのを防いでいます。
水の落ちるピチャピチャという音もほとんどしないですよ。
e0149241_18121299.jpg


佗び草だけでなく、工夫次第で他の植物でも楽しめそうですね。
e0149241_181322100.jpg


そして、いよいよその日が来るのか・・・!?
アレが・・・
そうなのか・・・!?
[PR]
by aguajournal | 2011-07-18 18:24 | NA Style