for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

CAL 13mm インライン ディフューザー 稼働

昨日、ミドボン充填完了のお知らせをいただき、本日、早速取りに行ってまいりました。
e0149241_2261049.jpg

レンチでレギュレーターを取り付けて・・・
e0149241_2283386.jpg

finさん特製のステンレス製容器にセットして耐圧ホースを接続、バルブを開いて流量を調節します。
e0149241_22102448.jpg

CO2の準備ができたところでCALのセッティングに入ります。
まずは、Before・・・。
e0149241_22111362.jpg

CALとリリィパイプを接続して仮組してみます。
CALのキスゴムとリリィパイプのキスゴムの距離が若干違うため、CALをタンクに取り付けるとリリィパイプのキスゴムが浮いてしまい固定ができません。
e0149241_22152167.jpg

CALは2か所で固定されるので、リリィパイプを固定しなくてもぐらつきはないのですが、万一、リリィパイプのみ外れてしまった場合のことを考えて、リリィパイプのキスゴムの距離を調整してタンクに取り付けることとします。
e0149241_22174522.jpg

上手く付きました。
確認したところで、次のように出水系のユニットを組み立てます。上から・・・
リリィパイプ+インラインディフューザー+アクリルパイプ+ステンレスエルボー+ダブルタップ
e0149241_22254331.jpg

これをタンクにセットして、フィルターのOUT部と接続してセッティングは完了。
接続箇所に緩みがないか確認して、いよいよ、フィルターを再始動させます。

では、スタート!










e0149241_22271790.jpg

出てます~。

リリィパイプからもCO2の気泡が出ています。
e0149241_22291552.jpg


Afterは、こうなりました。
e0149241_2231028.jpg

e0149241_22493869.jpg

スッキリした感じがします。
CO2供給部分は、カウンター代わりとしても使えそうです。
e0149241_22321740.jpg

CO2のチューブが抜けると漏水する恐れがありますので、チューブはやや深めに差し込みました。

全体としての使用感は、なかなかGoodです。
リシアの気泡も、心なしかいつもより多く付いているような・・・
e0149241_2242335.jpg


ADAと・・・
e0149241_22452574.jpg

CALの・・・
e0149241_22454325.jpg

コラボレーションでした。
[PR]
by aguajournal | 2009-02-28 22:52 | NA Style