for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:Photo( 43 )

カメラ遊び

中古のレンズ付きNikon D70がお手頃価格で出ていたのでGetいたしました。
e0149241_2236129.jpg


こちらは以前に入手していた同じくNikon PB-4。
e0149241_22393184.jpg


PB-4を三脚にセットして・・・
e0149241_22402090.jpg


D70と合体させると、こうなります。
e0149241_2241485.jpg


レンズもNikonのEL-NIKKOR 105mm f5.6。
e0149241_22422646.jpg


このPB-4なんですけど、

こんなふうに伸びたり・・・
e0149241_2243124.jpg


レンズ部分が左右に動いたり(シフト)・・・
e0149241_22434986.jpg


右を向いたり、左を向いたり(スイング)・・・
e0149241_2244283.jpg


と、まぁ、こんな動きができます。
で、そういうことができるとどういうことになるかと言いますと・・・

こちらの写真。
鉄道コレクション、長野電鉄の2000系を撮影したのですが、この電車のように奥に長い被写体を撮ると通常だと手前にはピントが合っているのですが、奥はボケています。
e0149241_22465213.jpg


こういう写真を撮るとき「奥まではっきりと写したいなぁ」と思った事はありませんか?

それがこのPB-4を使うと出来るんです。
こんな感じ。
e0149241_22485844.jpg


奥まできっちりとピントが合っていませんが、普通に撮影した時と比べるとピントが合っているように見える範囲が奥まで広がっています。
一言で言うと、被写界深度が深くなっています。

最初にレンズを前後に動かして電車の先頭にピントを合わせます。
その後、奥までピントが合うようにレンズをシフト&スイングさせると、こういうふうになります。

大判だと、もともとシフトやスイングができるのですが、デジカメそのままだとそういうことができませんでした。

しか~し、このPB-4があればデジカメでもシフトやスイングが可能となります。
次回のコンテスト用撮影は、このPB-4を使ってみようと思います。
e0149241_22573663.jpg

[PR]
by aguajournal | 2011-12-28 22:59 | Photo

フォトコンとカエル

ピロセさんから「写道」・・・影 PHOTO CONTESTの賞状を送っていただきました。
第1回と同様にアクリルのフォトスタンドにセット。
e0149241_1731056.jpg

お陰さまで、上半期優勝との嬉しいお知らせをいただきました。
投票して下さった皆様、どうもありがとうございました。
運営するピロセさん、改めて御礼を申し上げます。
下半期もよろしくお願いいたします。

さて、いつもお世話になっているショップさんでカエル君達の絵をGetしてまいりました。
プラケの仕切り板にポスカで描いた手書きのカエル達。
鋭い観察眼でリアルに描かれています。
黒画用紙をベースに、アクリルの板に入れてみました。
なかなか良いです。
e0149241_177291.jpg


こちらは本物の金色アデガエル。
e0149241_17122173.jpg

ガラスの中の大自然。
e0149241_17123768.jpg

[PR]
by aguajournal | 2010-07-04 17:49 | Photo

大判カメラ

前回、大判用レンズを記事にしましたので、今回は大判カメラをご紹介します。
私が使っているのは、4×5判のカメラです。
4インチ×5インチで、「シノゴ」と言われています。
これは、折りたたんだ状態。
e0149241_139660.jpg

撮影時には、しっかりとした三脚に取り付けます。
折りたたんだ状態から展開すると、こうなります。
e0149241_1402899.jpg

前面から後面を見た図。
簡単に言うと、前後に板があって、その間を蛇腹で繋いでいる、という感じです。
e0149241_1415073.jpg

前面にレンズを付けたレンズボードをセットします。
カメラらしくなってきましたね。
e0149241_1423644.jpg

ちょっとお花を撮ってみましょう。
レンズの絞りを開放値(一番開く)にセットしたあと、シャッター羽根を開きます。
これでカメラ内に最大限光が入ってきます。
e0149241_1433887.jpg

お花にレンズを向けましたが、後ろのピントグラスにはまだ像が出ていません。
e0149241_1445320.jpg

ピントグラスに像が出てくるようレンズを前後に動かして調節します。
そうすると、はい、像が結ばれて出てきました。
e0149241_1531090.jpg

この時、周囲が明るいとピントグラスの像が見にくいので、暗くするために冠布(かんぷ)という大きい四角の布をピントグラスが入るように頭からかぶります。
これが、冠布。
リンホフというメーカーのもの。
以前のNAパーティに持参して、天野社長にサインしてもらいました(^ ^)。
e0149241_1563782.jpg

で、ピントルーペでこの像を拡大して見て、レンズを動かして更にピントを合わせます。
こちらがピントルーペ。
e0149241_21802.jpg

ルーペで覗くとこんな感じです。
上下左右が逆になって写っているのがわかります。
e0149241_157531.jpg


ピントがあったら、いよいよ撮影です。
今回は、撮影はしませんのでここまでですが、この後の手順としては・・・
 ・絞りとシャッタースピードを決めて
  (ここが難しいです。)
 ・シャッター羽根を閉めて
 ・シャッターをセット
 ・フィルムが入ったフィルムホルダーをピントグラスのところに装填して
 ・レリーズを使ってシャッターを切る
という事になります。
(手順の中で細かいところは省略しています)

すべてマニュアルでの操作になるので、手間はかかりますが出来上がってきた時、上手く撮れていたりすると非常に満足感があります。
デジカメは、その場で仕上がりが分かりますが、大判は現像に出して戻ってくるまでどのように写っているのがわからないので、ドキドキしますが、その分、撮影時には非常に気を遣います。
そこが、また面白いんですけどね(^ ^;)。

大判カメラのご紹介でした。
e0149241_294068.jpg

[PR]
by aguajournal | 2010-04-29 02:13 | Photo

大判用レンズ

久々に大判用のレンズを入手いたしました。
中古のシュナイダー。
e0149241_1104318.jpg

スーパーアンギュロン、65mm、F5.6。
超広角レンズです。
e0149241_1105399.jpg


普通のレンズボードが付いていますが、ステンレスレンチ(左)を使って凹レンズボードに交換します。
e0149241_1152519.jpg

後ろ側のレンズを外してから、こんな風にして・・・
e0149241_1161398.jpg

固定用の金具を回してボードを外します。
e0149241_1163858.jpg


で、凹レンズボードに交換しました。
これで、ピントが合わせやすくなる、、、はず???
レリーズを付けて、シャッターが切れるかテスト。
うまくいきました。
e0149241_121532.jpg


変って、こちらはレンズキャリアー。
e0149241_1182290.jpg

こんな風に、大判用、E-P1用フォクトレンダーのレンズを収納して、持ち運ぶことができます。
e0149241_11999.jpg


連休中には、恒例の関西遠征を予定していますが、レンズを持参してフィールド撮影も楽しみたいと思います。
[PR]
by aguajournal | 2010-04-28 01:23 | Photo

郵送物2つ

本日、郵便で2つ到着便がありました。

まずは一つ目。
少し大きめの封筒で到着。
e0149241_22274812.jpg


差出元はピロセさんのフォトコンテスト実行委員会です。
e0149241_22282020.jpg

中味はこちら・・・
e0149241_2230264.jpg

第1回フォトコンテストの結果通知書と表彰状です。
早速、アクリルパネルに入れてみました。
ピロセさん、どうもありがとうございました。
e0149241_22325276.jpg


さて、お次の到着便。
こちらはちょっと小さめです。
e0149241_0315929.jpg

中味はこんな小箱が入ってまして・・・
e0149241_2234292.jpg

そこから出てきたものは、Canonの100mmファインダー。
50年くらい前のものらしいです。
金属製で良い質感。
e0149241_22353675.jpg

e0149241_2238574.jpg

E-P1にヘリアーの50mmと付けてみると、良い感じ。
E-P1で50mmのレンズは35mm換算で100mmになりますからちょうど良いですね。
e0149241_22365838.jpg

う~む、良い。
e0149241_22371271.jpg

カラースコパー25mmとの組み合わせです。
こちらもなかなかに。
e0149241_22373871.jpg

e0149241_22374955.jpg

これを付けて撮影に行くのが楽しみです。
e0149241_22395173.jpg

[PR]
by aguajournal | 2010-03-04 22:42 | Photo

E-P1 撮影

久々に晴れたので、E-P1とともにちょこっと撮影に行ってまいりました。

おなじみ氷川丸。
E-P1のムック本で紹介されていた作例と同じもの。
自分でも撮ってみたいなぁ、と思っていたものです。
アートフィルターのデイドリームを使っています。
e0149241_17102982.jpg


もうひとつ大桟橋から氷川丸とマリンタワーを。
こちらはファンタスティックフォーカスで。
e0149241_17123866.jpg


タグボート。
(アートフィルター:ポップアート)
e0149241_17133848.jpg


ベイブリッジ。
e0149241_17145863.jpg


昨日、今日と双胴式の高速フェリー「ナッチャンWorld」が大桟橋に来ていました。
船内の見学ができるのですが、人気があって70~80分待ち!
e0149241_17192431.jpg


レンズを交換するのがちと面倒ですが、屋外でのモニターへの拡大表示によるピント合わせも特に問題なくできました。
25mmが使いやすかったです。
[PR]
by aguajournal | 2010-02-20 17:24 | Photo

天乃山写真部機材班

既に天乃山フォトサロンでお披露目させていただきましたが、オリンパスのE-P1、いきました。
中古のシルバーボディのみ。純正レンズなし、です。
e0149241_22471246.jpg


純正のレンズが一番良いのでしょうが、アダプターを使えばいろいろなレンズ遊びが楽しめるE-P1。
今回、レンズはフォクトレンダー3兄弟にいたしました。

左から長男の「ヘリアー 50mm F3.5」。
真ん中は次男の「カラースコパー 25mm F4」。
右は末っ子、「ウルトラ ワイド ヘリアー 12mm F5.6」。
e0149241_22503854.jpg


これらのレンズをE-P1に装着して撮影する訳ですが・・・、ここで問題が。
2つのヘリアーは、Lマウント。
カラースコパーは、Mマウント。
E-P1はマイクロフォーサーズ規格。
レンズの装着部(マウント)の形状とE-P1側の形状が異なるため、そのままでは付きません。

そこで、出番となるのが異なるマウントの橋渡しをするアダプター。
まずは、LマウントをMマウントで使えるようにする、いわゆるLMリング。
e0149241_22551989.jpg


これを2つのヘリアーに付ければMマウントとなります。
で、Mマウント用のアダプターを使えばE-P1に装着できるようになります。
カラースコパーは、もともとMマウントなので、LMリングは不要でこのアダプターを使えば装着可能です。

Mマウントのアダプターは各社から出ていますが、今回チョイスしたのは三晃精機さんのこちら。
真鍮製にニッケルクロームメッキ処理をした非常に美しい逸品。
赤い部分はスワロフスキー。
レンズの鏡筒の色に合わせてシルバーとブラックを用意しました。
e0149241_2324320.jpg


ヘリアーの50mmを装着。
シルバー色が美しい沈胴式の一品、
う~ん、良い。
マイクロフォーサーズのE-P1で使うと35mm換算で100mmとなり、望遠担当。
ファインダーはGX200で使っていたシグマのもの。見た目だけで付けています。
e0149241_2363515.jpg


お次は、次男坊のカラースコパー25mm。
同じくフォクトレンダーのフードLH-1とともに。
35mm換算で50mmとなるので標準担当。
e0149241_2383563.jpg

フードをLH-2にした姿。
e0149241_239613.jpg


最後は、ウルトラ ワイド ヘリアー の12mm。
35mm換算で24mm。広角部門の担当です。
今年のADA世界選は、この組み合わせで撮影して見ようかと。
e0149241_2395893.jpg


ウルトラ ワイド ヘリアー と同時にGetした専用ファインダーと別売のフィルターアダプターを付けてみました。
フィルターアダプターの径は77mm。PLフィルターなどが取り付け可能です。
しかし、ファインダーの姿が異形ですね。
e0149241_23113680.jpg


これらのレンズはマニュアル操作となりますが、E-P1の撮影モードを絞り優先(Aモード)にしておけば、シャッタースピードはE-P1の方で計算してくれます。
ピントの合わせ方は、背面のモニターを拡大表示にしてマニュアルで合わせます。

下の記事でご紹介した6つのアートフィルターも使えるので、なかなか面白いですよ。
まだ室内でしか使っていませんが、天気の良い日に屋外で撮影するのが楽しみです(^ ^)。
[PR]
by aguajournal | 2010-02-16 23:22 | Photo

カメラ遊び

60でカメラ遊び。

[フォクトレンダー カラースコパー 25mm f4 にて撮影]

<< Pop Art >>
e0149241_21145858.jpg


<< Fantastic Focus >>
e0149241_21154049.jpg


<< Day Dream >>
e0149241_21161333.jpg


<< Light Tone >>
e0149241_21164662.jpg


<< Rough Monochrome >>
e0149241_21171541.jpg


<< Toy Photo >>
e0149241_21173412.jpg

[PR]
by aguajournal | 2010-02-14 21:18 | Photo
2月11日から、水景師集団「天乃山」写真部の主催で、フォトコンテストが開催されています。

e0149241_23502361.jpg


作品はすでに公開されていますので、下記リンクから是非ご覧ください。
会場はこちら>>>
第1回 「写道」・・・影 PHOTO CONTEST 会場 


投票いただいた方には抽選でプレゼントも用意されているので、じっくり審査で鍵コメで投票をお願いいたしますm(_ _)m。

今回のテーマは「影」ということで、私もエントリーさせていただいております。
なかなかピンとくるものが撮れずに苦労しましたが、エントリーされている皆さん「おお~」という素敵な作品が掲載されていますよ。

投票期間は、2月11日~20日までですので、投票よろしくお願いいたします!!
[PR]
by aguajournal | 2010-02-10 23:55 | Photo

危険が危ない本

和骨董の水鉢に植えた佗び草から移植したエキノに花が咲きました。
e0149241_2202317.jpg


で、それはそれとして1月19日に発売されたこの本を買ってきました。
e0149241_2159104.jpg

以前のGRカスタムブックと同様、澤村徹氏によるE-P1、E-P2のカスタムブックです。
GRの時と同じように、ファインダーやレンズフードによるドレスアップが紹介されています。
これなんかシャープなスタイルでカッコいいですね。
e0149241_2284431.jpg



・・・とここまではGRの時と同じなのですが、E-P1&2の場合、GRと異なる点がありまして。。。

レンズの交換ができます。

これが、どういうことかと言いますと・・・
ライカのレンズを付けたみたり・・・
し、渋すぎ・・・
e0149241_2232227.jpg


古いオリンパスのレンズとコダックレチナのファインダーで遊べたり・・・
e0149241_22134290.jpg


レンズ沼への片道切符となっております。

手元にはストックしてあるフォクトレンダーのレンズフードLH-75とLH-2が。
e0149241_22535071.jpg

ああ、危険が危ない、ヤバすぎます・・・
本の表紙にもこう書いてあります。
「オールドレンズとドレスアップを1台で楽しむ」と。

ヤバイね~、コノハ君?
(グリーンコノハ君。普通のコノハ君より体色が緑色で尻尾が長いです)
e0149241_22541431.jpg

[PR]
by aguajournal | 2010-01-22 22:21 | Photo