for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:NA Style( 215 )

ADAあれこれ

ADAから新発売の「寂び石」。
プラントグラスのロータスを使って、「寂び石 サラワクサンド添え」。
なかなか涼しげで夏向きですね。
e0149241_19161762.jpg

有茎草も瑞々しいです。
e0149241_1917389.jpg


ショップさんのお話によると、寂び石はあまりたくさん作れないので出荷数は少なめとのことです。

さて、今回はオールドADA探訪の旅。
虫音を新たに入手しました。
(ただし、箱と餌入れは付いていません)

まずは、「萩に芒(はぎにすすき)」。
e0149241_19191645.jpg

続きまして「紅葉(もみじ)」。
e0149241_1920690.jpg

最後に「藤袴(ふじばかま)
e0149241_19201920.jpg


これまで入手した5種類と合わせて、これで10種類中8種類が手元に揃いました。
e0149241_19264874.jpg

コンプリートまであと「芒-一」と「菊に桔梗」の2種類です。
e0149241_192457.jpg


そして今回の一番の成果物。
陶製餌入れの「竹風(ちくふう)」。
中国の職人さんの手による竹細工模様が繊細で美しいです。
APフードの保存容器として売られていました。
e0149241_19263633.jpg


こちらはADAのギャラリーへ行った方からお土産でいただきました。
新ロゴ入りのピンバッチ。
e0149241_19463691.jpg


前回の記事でご紹介したスペリア20Cはブセの水中育成タンクとなりました。
フィルターはNISSOのスリムタイプのもの(商品名は忘れました・・・)を使用。
吸水パイプはリリイミニの破損したものを取り付けて再利用しています。
e0149241_195317100.jpg


・・・ということで、ADAあれこれでした。
e0149241_19492561.jpg

[PR]
by aguajournal | 2011-07-10 20:07 | NA Style

佗び草

梅雨に入り、湿度も上がってムシムシし始めましたね。
今年は節電で空調を緩和しているので、暑がり(^ ^;)の私にはつらいですが団扇で頑張っています。

そんな時は水景を眺めると良いかも・・・
と、PCのHDDにあった昨年のコンテスト出品作レイアウト。
ロンボオケラータスとチョコグラが泳ぐさまが少し涼しげ。
e0149241_18193176.jpg


あと、少しでも「涼」を感じようと、こちらを買ってきました。
e0149241_18194493.jpg


プラントグラスのNew! 「オアシス」
箱の中身。
ガラスの様が涼しげ。
e0149241_18195392.jpg


おなじみDo!aquaのロゴも入っています。
e0149241_1820364.jpg


ロゴと言えば、ADAの新ロゴパッケージもだいぶ増えてきましたね。
ショップさんのお話では、売れ筋アイテムから変わってきているようです。
e0149241_18201391.jpg


で、オアシスですが、ポリゴナムが涼しげな佗び草をセットしてみました。
e0149241_18202422.jpg


ん~、・・・・・・ちょっと微妙な感じ。
オアシスの底が少し深いのか、佗び草が沈んで見えます。
育ってくるとちょうど良くなるのかもしれませんが。

でもって、透明のアクリルパイプをカットして佗び草に下駄をはかせることに。
e0149241_18212459.jpg


おお、こちらの方が見た感じが良いですね。
e0149241_182223.jpg


水を入れて、リビングにセットしました。
e0149241_18223227.jpg


佗び草をセットすると、「夏」がもうすぐ、という気がします。
e0149241_18241138.jpg

[PR]
by aguajournal | 2011-06-11 18:28 | NA Style

予選通過

5月も終わり、ADA世界選エントリーも締め切りですね。

私はこの前の日曜日深夜(・・・と言うか月曜未明と言ったほうが良いかも)に撮影しました。
e0149241_2342497.jpg


水槽の上に撮影用ストロボBOX「Hi-Jeen」を乗せて、水槽周囲を黒のパーマセルテープで縁取りします。
カメラとレンズは昨年に引き続きE-P1+フォクトレンダーULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6。
三脚と雲台はマンフロット。
カメラにはブレ防止のためにリモートスイッチをセットしてあります。
(撮影時には室内の照明は落とします)

水槽の後ろには、ブルーのグラデーションペーパーをバーチカルブラインドにガムテープで固定しました。
e0149241_2381048.jpg


波紋用のドライヤーをセット。
e0149241_23101864.jpg


ストロボは水槽用に2灯。パック用に1灯を使います。
水槽は60ハイタイプですが、2灯+1灯だとf16~22くらいまで絞れます。
撮影は絞り優先モードで絞りは自分で選んでシャッタースピードはカメラにお任せ。
被写界深度を深くとりたいのでなるべく絞ります。
e0149241_23104552.jpg


カメラの前面は、水槽ガラス面への写りこみ防止のためパーマセルテープでマスキング。
e0149241_23114222.jpg


約2時間で120枚ほど撮影しました。
魚が良い位置にくるのを待ちかまえて、リモートスイッチに手をかけているのですが、なかなか思い通りに動いてくれませんね。
なんとか1枚選ぶことができたので、それをオンラインで応募しました。

「予選通過、お疲れ様」と言っています。
e0149241_2315166.jpg


後は発表までのお楽しみ、ということで。
今年はどうなるでしょうか。
[PR]
by aguajournal | 2011-05-31 23:18 | NA Style

ADA小冊子と優れモノ

いよいよ世界選の締め切りが迫ってきましたが、皆様もうエントリーはお済みになりましたでしょうか?
私は結局ギリギリになって、今晩撮影です・・・(^ ^;)

さて、Nゲージにかまけていてアクアショップも最近ご無沙汰だったのですが、昨日久しぶりにお邪魔してきました。
アクアジャーナルなど購入したついでにADAの小冊子をいただきました。
e0149241_18591351.jpg

内容は、それぞれにADAテイストで記述されております。
e0149241_190579.jpg

佗び草と震災対策の小冊子もありますね。
e0149241_191746.jpg

最新のアクアジャーナルで紹介されているプラントグラスの新製品も入荷していました。
この中では、右下の佗び草が空中に浮いているように見えるのが良かったですね。
e0149241_192247.jpg


毎年この季節になるとカタログのアナウンスがちらほらと出てくるのですが、ショップさんのお話では「今年はこの小冊子を出したので作らないんじゃないんですかね~。」とのことでした。
隔年発行になるんですかね。

あと、幻の小冊子がこちら。
いよいよADAが本格参戦か・・・・
e0149241_1981335.jpg






・・・嘘ですけど。


こちらは本物。
e0149241_1994171.jpg

アクアの悩み事の一つ。
ガラスにつく白い悪魔。
しつこいカルシウムスケールの除去クロス(布)です。

中身はこちら。
e0149241_19252037.jpg

赤が細目。青が粗目。
水に濡らしてこすって使います。

早速、水しぶきの汚れがついたガラス板で試してみました。
こちらがBefore。
e0149241_19265759.jpg


青の粗目でゴシゴシやったAfter。
e0149241_19273088.jpg


おお、なかなか良く落ちていますね。
見た目にはほとんど綺麗になりました。
この手の商品としてはアルティメットグラスクリーナーもありますが、こちらは680円と比較的お求めやすいお値段。

なかなかよろしいのではないでしょうか。
[PR]
by aguajournal | 2011-05-29 19:33 | NA Style

新製品導入

皆様GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?
最近、めっきり更新頻度が落ちてしまい、申し訳ありません。

というのは、ちょびっとこちら方面に行ってしまっておりまして・・・
e0149241_2120242.jpg

最近のNゲージは、LEDを使ったりして本当によく出来ていますねぇ。
レンタルレイアウトへ車両を持ち込んで走らせると面白くて、あっという間に時が過ぎてしまいます。

さて、そんなこんなのある日、某メーカーのカタログをペラペラと見ていると・・・

ここのページに・・・
e0149241_21222749.jpg


こういうものが!!!
(画像をクリックすると大きいサイズになります)
e0149241_21234868.jpg



これはGoodなもの、とメーカーさんの「Metal Design Honfashi」に製作をお願いさせていただきました。
(某アクアメーカーのロゴと雰囲気が似ていますが、気のせいです)
e0149241_21292027.jpg


そして本日、お待ちかねのお品物が到着いたしましたので早速各所にセッティングしました。
まずは、カエルくん達。
ステー縦使いです(横使いも可)。
e0149241_21313368.jpg

e0149241_21315054.jpg


わかりにくいので、大きい写真で。
ちょっと湿度が低いですかね。
e0149241_2133557.jpg

「これは、なかなかCoolだね。」と言っています。
e0149241_21324868.jpg


続きましてスピノサスカメレオン。
e0149241_21332346.jpg

「さよなライオ~ン」と言っています。
e0149241_21371793.jpg


ブセのV60や・・・
e0149241_2138175.jpg

ハオルチアのV30にも。
こちらはADAタイプです。
e0149241_21403012.jpg


温度計や湿度計はステーの穴にはめ込んでいるだけなのですが、小気味よくカチッとはまり気持ちいいです。
さすがMDH。加工精度の高さが光ります。

また、ステーはキスゴムで簡単に取り外しできるので便利。

ガラスケースにセットした時の相性も良く、前面に温度計等を持ってこれるので実用上もバッチリです。
もちろんスペリアとも良く合います。
e0149241_21443618.jpg


ということで、「簡単、便利、かっこいい」と三拍子そろった「MDHサーモメタルステー」のご紹介でした。

ほんだしさん、どうもありがとうございました m(_ _)m。
[PR]
by aguajournal | 2011-05-07 21:51 | NA Style

書籍購入

巷で話題になっているこの本を購入しました。
e0149241_2143444.jpg

ブセの特集では、各種写真入りで紹介されています。
e0149241_21442050.jpg

なかなかの特集です。
記事はパラパラと見た程度なので、内容はこれからのお楽しみ。

うちのブセで最近のお気に入りは「ちっちゃい系」です。

名も知らぬ草が生えてきました。
シダですかね。
e0149241_2147595.jpg


良いですね~、と自己満足(^ ^;)。
e0149241_21473779.jpg


溶岩石に活着中です。小さい葉が展開してきました。
e0149241_21484277.jpg


マイクロ鉢に植えこみ。
e0149241_2149575.jpg


以前にスプリンクラー設置をUPしましたが、その後どうも散水がうまく行かないのでパイプからのシャワーに変更しました。
3時間毎に30分、シャワーで雨を降らせます。
e0149241_2150365.jpg


ブセの本も良いですが、一緒にこういうのも買いました。
EF58の特集。
e0149241_2151955.jpg


国鉄時代の客車は良いですねぇ。
EF58特急色+20系の「あさかぜ」、これなんか最高に渋いです。
e0149241_21533813.jpg


ということで、気が付くと 「あ、こんなものが・・・」
e0149241_21543413.jpg


また、やってもうた・・・
e0149241_2362669.jpg

[PR]
by aguajournal | 2011-04-10 21:57 | NA Style

機材点検

5月末のコンテスト締め切りがどうなるのかは、まだよく分かりませんが、60Hがそろそろ撮影時期を迎えつつあるので、今月中に一度、撮影しようと思っています。

で、久しぶりに撮影機材を出してきて簡単に点検しました。

カメラはこちら。
オリンパスのE-P1。
e0149241_22444566.jpg

一昨年までは、4×5の大判で出していたのですが、作品集の印刷されたものを見ると、フィルムで意図した明るさよりもどうも暗めに出るようで、昨年からはデジカメによる応募に切り替えました。

大判での撮影は一発勝負で気合が入って、それはそれで楽しいんですけどね~。

E-P1に合せるレンズは、フォクトレンダーのウルトラワイドヘリアー12mmです。
昨年と同じ組み合わせ。
レンズ面をシュコシュコしないとですね(^ ^;)。
e0149241_22454483.jpg


ストロボはミノルタの3600Dを3灯使用します。
e0149241_2247923.jpg


実際の撮影時には、水槽の上に特製ストロボBOX Hi-Jeen 60 LE Mk.1を乗せ。そこに3灯セットします。

Hi-Jeenはこちら。

ここからコードを出して・・・
e0149241_22473861.jpg


ここで3分岐させて・・・
e0149241_2248935.jpg


こんな感じです。
e0149241_22483076.jpg


一通り動かしてみましたが、一応問題なく動作してくれました。

さて、今年は上手く撮れますでしょうか。
e0149241_22522739.jpg

[PR]
by aguajournal | 2011-04-04 22:56 | NA Style
地震発生から今日で9日となりました。
東北地方太平洋沖地震で被災された皆様方には、心よりお見舞い申し上げます。
横浜の自宅も揺れたので水槽の水はこぼれましたが、その他特に大きな被害はありませんでした。
当日は交通機関がマヒしたため、職場に泊まり、その後は震災対応で動いていましたが、ようやく落ち着きを取り戻しつつあります。
これからは被災された方々への救援、また原発トラブルの収拾と困難がありますが、皆様のご健康と一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

昨日あたりからテレビ番組も通常の放送になってきているようです。
久しぶりに見る番組ですが、少しほっとした気がしました。

ということで、当ブログも更新をしていこうと思います。
復活第一弾は、デッドストックシリーズのトリとなりますvol.3をお届けいたします。
vol.3は満を持しての登場、こちらです。
e0149241_14194442.jpg


ADAのVシリーズ。
今回、何点か発掘に成功いたしました。
それでは以下にご紹介いたします。

まずは、ミクロタイプ。
左、V30-MI(25)と右、V15-MI(15)
いずれもB品扱いなのでADAのシールは貼ってありません。
ただ、B品扱いとはいってもシリコンの切れや目立った傷もなく、限りなく完品に近い状態です。
e0149241_142584.jpg


お次、V25-MI
こちらは完品です。
e0149241_1426331.jpg

e0149241_142845.jpg


更にB品扱いのV30-MI(50)
高さを生かしたレイアウトができそうです。
e0149241_14404433.jpg


ミクロタイプは以上です。

続きましてスタンダードタイプでV60-ST(B品扱い)。
e0149241_14293727.jpg


そして、「これがあったのか・・・」と驚愕したモノがこちら。
V-US、ユニバーサルタイプです。
e0149241_14413548.jpg


実物にはお目にかかれないものと思っていました。
こちらもB品扱いですが、W100×D40×H25という堂々たるサイズ。
4つの部屋に仕切られており、各部屋の前面にはスライドするガラスがセットされます。
手前のダンボールで覆われているのが前面です。

何を飼育しようかと夢が広がりますが、今は置き場所がないので、梱包したままベランダに保管しています。

あと、Vシリーズにベストマッチのアナログ温度計と湿度計
これはVシリーズとは別ルートで入手しました。
e0149241_14373274.jpg


今回、これほどの種類と、しかもコンディションの良いものが発掘されたのは驚きでした。
廃番商品でも根気よく探せば見つかるものですね。

以上、デッドストックシリーズvol.3をお送りいたしました。
[PR]
by aguajournal | 2011-03-20 14:50 | NA Style
ADA デッドストックシリーズ vol.1「虫音」に続きまして、vol.2の「陶製水槽ミニ」をお送りいたします。

こちらも最近発掘されたデッドストックで、いくつか入手することができました。
お店によっては、まだ店頭に並んでいるところもあるようですね。

今回は、角型を3個、楕円を4個、丸型を2個です。
e0149241_2385281.jpg


まずは、丸型。
画像では解りづらいですが、右の方が茶色っぽい色をしています。
左は少しツヤあり、右はツヤけしで、やや滑らか。
e0149241_2310077.jpg


続きまして楕円。
e0149241_23111936.jpg

中になにやら数字の跡がついています。
658、むむむ、どんな意味があるのでしょう?
スカイツリーの高さは634mですが・・・
e0149241_23114576.jpg

通常、裏側にはADAの刻印があるんですけど・・・
e0149241_23134964.jpg

右上のものは、何故か非常に薄くなっています。
焼くときに薄くなってしまったのでしょうか?
そして、左上のものは刻印がありません。

その代わり・・・
e0149241_23145985.jpg

内側に刻印があります。
職人さんが間違えたんですかね(^ ^)。
切手やコインにあるいわゆる「エラーもの」みたいなものですね。

あと、もうひとつ内側刻印のものがあります。
しかも何やら「18」という刻印も。
先ほどの「658」といい、どのような意味があるのでしょうか・・・。
e0149241_23175661.jpg


最後は角型。
e0149241_23182135.jpg


3つを並べると微妙に色が違います。
e0149241_23285252.jpg

一番上のものは釉薬のようなものがかけられています。
今まで他にこのようなタイプは見たことがないです。
これも職人さんが手順を間違えたのか、はたまたサービスなのか・・・
真ん中は、「陶製水槽ミニ 角型 sp. ブラウンタイプ」。
下は、「陶製水槽ミニ 角型 sp. ブラックタイプ」といったところでしょうか。

裏側の様子。
ADAの刻印がなされています。
e0149241_23231014.jpg


・・・というようなデッドストックシリーズ第二弾でした。

そして、次回のデッドストックシリーズ第三弾は、いよいよ驚愕のアレが・・・
[PR]
by aguajournal | 2011-03-06 23:30 | NA Style

ADA デッドストック

本日、お願いしていたものが入荷したとの知らせがあり、お迎えに行って参りました。
お迎えに行ったのは、こちら。
「NATURE AQUARIUM GOODS」の文字。
e0149241_1754266.jpg

全体乃図。
e0149241_1771051.jpg

こちら、先日ADAから限定再販のアナウンスのあった「桂林石」でございます。
e0149241_17103978.jpg

「ブラウンタイプ」とありますが、Getしたのは「ブラックタイプ」。
箱が欲しかったので、ブラウンタイプのものに入れてもらいました。

中味はこんな感じで、大小合わせて7個の桂林石が入っています。
e0149241_17122996.jpg


このセットは120センチ水槽向けなのですが、全部同時に使わなくてもパーツパーツで組み合わせれば・・・
30×10×10のスペリアに・・・
e0149241_17175426.jpg

Vシリーズにも・・・
e0149241_17182884.jpg

苔やシダを置けば簡単ビバリウムの出来上がりです。

そして、もういっちょ。
「虫音」のデッドストック。
某筋からの在庫情報により入手できました。
「芒(すすき)」と「枝紅葉(えだもみじ)」です。
e0149241_1726542.jpg

中味はこちら。
左が「枝紅葉」、右が「芒」。
e0149241_1728314.jpg

実は「芒」は手持ちが1個あるので、模様を今回のモノと比べてみました。
同じ「芒」ですが、模様が違います。
「芒 sp.」でしょうか。
型で作っているのではなくて、ひとつひとつ中国の職人さんが手作りで作っていたようです。
e0149241_1732482.jpg


最後にADAではありませんが、バレンタインデーということでチョコをいただきました。
カエルちゃんと・・・
e0149241_1734615.jpg

アヒルちゃん・・・
e0149241_17351257.jpg

なんか良くできているので、もったいなくて食べれません。

・・・というような、ADAデッドストックモノでした。
(追記:現在、更に探索中です・・・)
e0149241_17372774.jpg

[PR]
by aguajournal | 2011-02-13 17:46 | NA Style