for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:NA Style( 215 )

AJコンプリート

Agua Journalの姉妹誌(^ ^;)であるAqua Journalのvol.1から最新のvol.158までコンプリートいたしました。
e0149241_2226440.jpg

オークションにバックナンバーを見つけると入札し、遠く離れたショップに在庫があると分かれば高速を使い買いに走ったり、あれやこれやで集めました。
AJ のvol.1。1994年ですから今から14年程前ですね。
e0149241_22254966.jpg

一番のお気に入りはコレ!  vol.3の「掌中水景」
e0149241_22303628.jpg

その後も小型水槽の特集が何回か組まれていますが、私はこのvol.3がベストだと思います。
もう、バイブルと言っても過言ではないくらいの衝撃と影響を受け、今日まで至っています。

あとお気に入りは、ちょうど記念すべきvol.100。
e0149241_22361547.jpg

この号では「アクア・ジャーナルの10年」という特集が組まれています。
この特集も、なかなかに興味深いのですが、実はこの号がお気に入りな本当の訳は・・・



これこれ!!
e0149241_223655100.jpg

天乃山ネイチャーアクアリウム研究所主催の第4回超小型水槽コンテストが紹介されていますが、そこで私のレイアウトを載せていただきました。

世界選では・・・2001年:321位、2002年:422位、2003年:129位、2004~2006年:お休み、2007年:276位、2008年:490位と「あううぅ~・・・」な感じですが、こういう形でAJに載せていただき、本当に光栄ですし励みになりました。
天乃山ネイチャーアクアリウム研究所所長様、AJ編集部の皆様ありがとうございましたm(_ _)m。
来年も小型水槽で世界選の上位を目指し、頑張りまっす。

カタログも1997年からのものが手元にあります。
最近のカタログも良いのですが、個人的には何故だか昔のカタログの方が好きですね。
左から97年、98年ときて右端が2001年版。
e0149241_22432282.jpg

おっと、98年と99年が上下逆ですね f(^ ^;)。

これ見て大笑いしてしまいました・・・

[PR]
by aguajournal | 2008-12-01 22:44 | NA Style

模様替え

頼んでいた素材が届きました。
e0149241_1905947.jpg

おまけでステッカー、いただいちゃいました (^ ^)・・・どうも、ありがとうございます m(_ _)m
e0149241_18575024.jpg

それで、肝心の素材はと言いますと・・・ これ!
小ぶりの八海石 !!
e0149241_18583736.jpg

今回は、これを使ってレイアウトしようと思います・・・・・・が・・・・・。
その前に、設置場所作りから。
まずは、45の横で使っていた照明を25に転用。
e0149241_193222.jpg

次に、25の下に置いてあったV30を45の横に。
e0149241_194770.jpg

V15に入っていたエキノ侘び草は外に出して、代わりに観葉植物と流木をセットしてV30の横に置きました。
e0149241_195364.jpg

で、エキノ侘び草は、和骨董の水鉢に入れました。
e0149241_1972934.jpg

ようやく、V30を移動した後に、30×10×10を置いて、八海石をレイアウトであります。
フィルターは25で使っていたエデニックシェルトをもってきて、25には使わないでトランクルームで待機していた2211を。
e0149241_19114878.jpg

三連休後半で水を回して水草の植え込み予定です。
「あんだけ買って、使うのこんだけ~?」というツッコミは無しで・・・f(^ ^;)

閑話休題、水景二題。
60前景のキューバからリシアが伸びて樹木みたいに・・・。
e0149241_19141050.jpg

45のドワーフニムファ。調子良いです。
e0149241_191641.jpg


e0149241_2157249.jpg

for nature aquarium life

[PR]
by aguajournal | 2008-11-22 19:17 | NA Style

聖地巡礼 vol.3

いよいよ、聖地巡礼も最終回。大きな水槽の巻です。
それと、先ほどディーラーさんにLSを返却してきました。カタログをいただいてきたんですが、LSのカタログってハードカバーなんですね。ADAのカタログより立派でした。

ま、それはそれとして、大きな水槽。こんな感じで並んでいますが・・・
e0149241_17562997.jpg

私が一番好きなのは、コレです。AJ vol.157のネイチャーアクアリウムトレーニングのページに出ていたレイアウト。
e0149241_17571621.jpg

120ですね。流木が印象的な水景です。次は、これかな。
e0149241_1803193.jpg

なんか、あれですね、詰まる所、シダとモスと流木が好きなんですね(笑)。
この水面のトロ~リと流れる感じがなんとも言えません。
e0149241_182348.jpg

で、第3位。やっぱりシダとモスと流木です(^ ^;)。
e0149241_184110.jpg

次は石組。これも、AJ vol.157のネイチャーアクアリウムトレーニングの記事に出ていたレイアウト。細かい石が追加されたようです。
e0149241_1884128.jpg

石の形と使い方が面白いです。AJには「夫婦石」と書かれていましたが、ロードオブザリングに出てくる渓谷の入り口みたいなイメージ。
続けて石組3連発。ウー!
e0149241_18105415.jpg

ヤー!
e0149241_18111660.jpg

ター!
e0149241_18113217.jpg

八海石のレイアウト。これも結構好きです。八海石って置き方で全然違ってくるので面白いですよね。私も、この前60に使ったんですけど、いろいろひねくりまわした結果、結局、基本的な配置は最初のパターンとなりました。
e0149241_18155221.jpg

もうちょっと綺麗に撮りたかったんですけど、この水槽の前にアンケートを記入する机と椅子が置いてあって、その金属部分がどうしても写り込んでしまいます。机のそばのもう一つのレイアウト。
e0149241_1818464.jpg

・・・と、急ぎ足でざっとご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
器具の使用状態や水草の調子、水の滑らかさなど、百聞は一見にしかず。
機会がありましたら、是非ご覧になることをお勧めいたします。

建物の外では木も色づき始めていました。
e0149241_18261970.jpg

記念にLS君もパチリ。
e0149241_18265453.jpg


また、来年、来てみたいと思います。
[PR]
by aguajournal | 2008-11-03 18:30 | NA Style

聖地巡礼 vol.2

記憶が新しいうちにどんどん、更新しちゃいますね(笑)。
最近は「ほらほら、あれだよ、あれ! なんてったっけ、ここまで出てるのになぁ~」というのが多くなってきましたもんですから・・・f(^ ^;)

さて、何故LSが手に入ったか・・・・

正確に言うと、手に入った訳ではなくて、実は、先々月あたり、ネットで何気なく見つけたレクサスの「3日間モニター」に応募したら当選しまして、それで今回、3連休に合わせてお借りした、ということです。車両本体価格で1550万円もする車、逆立ちしたって買えません! 3日間だけのシンデレラ。

で、せっかく当選したので、この際、ドライブも兼ねて新潟のADAギャラリー訪問を企画したと、まぁ、こういう塩梅です。

今回、行きは首都高で都内を抜けて関越道から北陸道で新潟へ。帰りは、北陸道から長野自動車道を経由して中央道、と時計と反対回りに回って約830キロの行程。お昼過ぎに横浜を出発。途中、SAでお昼を食べたり、谷川岳PAで美味しい天然水を飲んだりと楽しみまして、新潟のホテルには5時過ぎに到着しました。

せっかく新潟に来たので、「何かおいしいものでも」ということで事前にリサーチしておいた「宮鮨本店」さんに行ってきました。
e0149241_1144928.jpg

いゃ~、すんごく美味しかったです。焼き魚、刺身、握り。どれをとっても、うみゃ~でかんわ!
日本酒も「〆張鶴」。くぅ~、効きますなぁ・・・
しかも、この日は「寿司の日」だとかで抽選をさせていただいたら、鯛のマークが出て当たり!!!
e0149241_1203158.jpg

1000円分の「寿司券」をいただいちゃいました!

すっかり、気分も良くなりホテルへ戻って、その日は就寝・・・

夜も明けて、翌朝。ホテルの窓から見た万代橋と信濃川。
e0149241_1284450.jpg

朝食もしっかりとって、いよいよギャラリーへGO!であります。

ナビをセットして、北陸道を長岡方面へ。巻潟東ICで降りて一般道を走ることしばし。やってまいりました憧れの聖地。
e0149241_1302453.jpg

e0149241_130476.jpg

早速、中にお邪魔すると・・・
e0149241_1313581.jpg

おお!! ミニ水槽がこんなに!!AJでは見ていましたが、本物を見るのは初めて。もうアヘアヘです。
↓これは景観石かなぁ。このタイプって、ほとんど流通してないですよね。自分のところばっかり使ってないで、一般にも放出してほしいものですが、なかなかタマがそろわないんでしょうねぇ。
e0149241_1342537.jpg

こっちには、Do!Aquaのミュージックグラスが。
e0149241_1343817.jpg

これなんかも良いなぁ。ガラス面に写り込んじゃっててスイマセン。ギャラリーでの撮影ってどうしてもガラス面にいろいろなものが写り込んでしまうので、ちょっと斜めから撮ったりと結構気を使います。
e0149241_1354746.jpg

ミニ水槽は、窓際に置かれているので日が差すと、水面の波紋が石にユラユラと映ってとても良い感じです。下の動画でユラユラ加減がご覧いただけます。


侘び草関係もあって、面白かったのはコレ↓
e0149241_1405120.jpg

石を土台にして、その上に侘び草を乗っけて、水上と水中、両方が楽しめるようになってます。
(・・・と、思ったのですが、違ってたらごめんなさい(^ ^;;))
90のウォーターフォールの侘び草は、ずいぶん成長しましたね~、もうこんがらがって全部一緒状態ですが、これもこれでよい感じ。金魚が涼しげに泳いでました。
e0149241_1433583.jpg

そして、ニューアライバルのこれも。
e0149241_144263.jpg

思っていたより大きかったです。

ギャラリーの片隅にベアタンクがあって、水を回してました。これからセッティングするんでしょうかねぇ。妙に綺麗でした。
e0149241_1461510.jpg


そして、水景も魅力的なのですが、やはりこちらも魅力的。
e0149241_1473291.jpg

撮影機材の数々と撮影スペース・・・。中には入れないので、遠くから眺めているだけなのですが、こんなところで撮影してみたい・・・。
今度、抽選で撮影させてくれる、という企画やらないですかね? 機材は自前でも良いですから、しゃちょさん、オネカイするよ。
と、いうことで今回はミニ水槽と侘び草関係でしたが、次回は大きい水槽の巻のココロだぁ~!!
[PR]
by aguajournal | 2008-11-03 02:08 | NA Style

聖地巡礼 vol.1

聖地巡礼に行ってまいりました。
今回から、その内容(大したことないですが・・・(^ ^;;))をご紹介させていただきます。

さて、巡礼当日、朝から良い天気で、まさに巡礼日和。日頃の行いの良さの賜物と申せましょう。
e0149241_21323059.jpg

巡礼には、乗物を用意せねばなりませぬ。そこで、電車に乗り、やってまいりました「元町中華街」。
駅から歩くことしばし、ついたのはココ。
e0149241_21344123.jpg

ん? これはレクサスのお店???。
店内に入り、受付のお姉さんにフォースの力で呪文をゴニョゴニョ・・・
すると、あら不思議。「こちらでお待ち下さい。」と店内に案内されました。
e0149241_21372879.jpg

さすがレクサス。噂に違わず綺麗なショールーム。思わず180の水槽を置きたくなってしまいます。

そして、出されたオレンジジュースを飲みつつ、待つことしば~し・・・・
「お乗り物のご用意ができました・・・マスター」、ということで、今回、聖地巡礼のお伴となる乗り物は・・・


コレ!!!
e0149241_21402224.jpg

レクサスが世界に誇るフラッグシップカー、LS。
しかも、ただのLSではありませぬぞ。なんと・・・
e0149241_21433896.jpg

LS600hL!!!
5リッター・V8+モーターのハイブリッドとフルタイム4WD。更に、ボディをストレッチしたロングボディならではの広々とした後部座席。
後部座席には専用のディスプレイ、もちろんDVDも見れます(これは娘のDVD。私の趣味ではありませんので、念のため)。
また、後部座席左側にはマッサージ機能も付いております。
オーディオは、マークレビンソンのサラウンドシステム・・・etc. etc.(もちろんETCも付いてます)
というような、まさにショーファードンブリ、もとい、ショーファードリブンな乗り物であります。
e0149241_21514671.jpg

エンジンルームも、なんだかよく解りませんが、妙にすっきりしています。
e0149241_21523665.jpg

もう、付いていないものはトイレと水槽ぐらい。しかも殆どが電子制御されていて、説明を一回聞いただけでは、何が何やらさっぱりわかりません。

なぜ? なぜ?世界的な金融危機のこの時期に、このような乗り物を手に入れることが出来たのか?
いよいよ、怪しげな商売に手を染めたのか?ドリームジャンボが当たったのか?
はたまた、実はマスター・モッチーで本当はフォースの使い手なのか・・・

謎が謎を呼ぶその訳は、また、明日のココロだぁ~!!!
[PR]
by aguajournal | 2008-11-02 22:08 | NA Style