for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:NA Style( 215 )

AGUA FALL 試運転

昨日竣工したAGUA FALLですが、本日から試運転を開始しました。
e0149241_23491428.jpg


まずは、レプティフォガーが動いている時の様子をご覧ください。

これはこんな感じで良いですね。

でも、試運転してみると「あらら・・・」と思わぬ事も分かって・・・

まずは、こちら。

2段目から下部の貯水部に落下する水滴の音が、かなり耳障りです。
リビングに設置しているので、これには家族からも「うるさい」とクレームが・・・(^ ^;)

「う~む、どうしたものか」と考えて、水滴の下にナナを置いて直接水に落ちないようにしてみたのですが、効果なし。

で、結局、ガラスフタを適当な大きさにカットして、2段目から流れ落ちる部分に立てかけて、ガラス板の上をなめらかに流れ落ちるようにしてみました。

バッチリ、無音で静かになりました。

次に、1段目から2段目に落ちる水に偏りが発生していました。
向かって左の方が多く落ちています。
水槽台の水平が取れていないのでは、ということで水槽台の下にスペーサーを。
やや良くなりましたが、まだ十分ではないので、L型アングル上部にV字型カットを入れて各区画に水を誘導することとしました。

こんな感じで良いですかね。

3点目は、AGUA FALL内の温度。
上部をパンチングにしているとはいえ、前面のスライドカバーを閉めると内部の気温が30度近くなります(室温にもよるのでしょうが)。
これだと蒸れてしまう恐れがあり、ブセやカエル君に良くありません。
もう少し気温を下げる必要があります。
そこで、水槽用のファンを上部に吹くようにパンチング部分に設置。
こうすると内部の空気を外に吸い出してくれます。
e0149241_23485627.jpg


ファンはZOO MEDのハイグロサームに接続。
ハイグロサームは逆サーモとしても使えるので28度以上になったらファンが回るように設定しました。

ハイグロサームの設定は、
湿度75%以下で加湿ON。
気温28度以上で排気ファンON。

これでしばらく運転した状況は、
湿度78%前後、ファン動作時で65%くらい。
気温28.6度前後
という感じです。

もうしばらく様子をみて、調整していこうと思います。
e0149241_23574663.jpg

[PR]
by aguajournal | 2010-07-20 00:02 | NA Style

AGAU FALL 竣工

長々と引っ張ってきましたAGUA FALLですが、本日無事に竣工を迎えました。
e0149241_1920066.jpg


まずは、簡単な構成図から。
e0149241_1924452.jpg


では、ディティールのご紹介です。
まずは、照明。
MAME DESIGNがこの6月に満を持して発売したMAME ECO LIGHTを採用しました。
e0149241_19261225.jpg

コントローラー部。
タイマー機能も内蔵されています。
e0149241_19314059.jpg

例えば「16時から8時間点灯」とセットすると、16~17時は出力を抑えた「朝焼けモード」、その後フル点灯で白色に。
消灯1時間前からも再度出力を抑えて赤みを出した「夕焼けモード」。
夕焼けモードの後、次の16時までは四隅の4灯のみ点灯で青っぽい「ナイトモード」となります。

上部は既にご紹介のとおり、アルミパンチングとガラスです。
e0149241_19524091.jpg


次に、湿度維持のための設備、アメリカ、ZOO MED社製「レプティフォガー」です。
ペットボトルみたいになっている所に水を入れて作動させると、透明のジャバラホースによってAGUA FALL内部に霧を供給します。
e0149241_19361976.jpg

霧の出口です。
手前の黒い箱は気温と湿度のセンサーです。
e0149241_19412982.jpg


このレプティフォガーは、同じZOO MED社のサーモスタット「ハイグロサーム」でコントロールされます。
こちらがハイグロサーム。
左の青い湿度用はレプティフォガーに、右の赤のヒーター用はピタリ適温に接続します。
e0149241_19402621.jpg


そして、本体内部は二段構成になっていまして・・・
一段目は端に高さ20mmのL型アングルを接着して、ブセ系用のセッティングとしました。
e0149241_19452267.jpg


二段目は、アクリル板で仕切りを製作して6つの部屋に仕切っています。
ここには、ツノガエルの皆さんにご入居いただく予定です。
名付けてツノガエル用マンション「Horned Frog Residence」。
e0149241_19501566.jpg


この仕切り板は取り外し可能なので、カエル君達を一時退避させればメンテナンスも楽ちんです。
仕切り板の下部は8mm開けているので、上段から流れてきた水を下に流すことができます。
カエル君を入れるときは、各仕切り内部にウールマットを敷きます。

というようなAGUA FALL。
今回は、水草とカエル君の両用ということで・・・
AGUA FALL 3060 Aqua-Amphibia HYBRID TYPE
でございます。
e0149241_201368.jpg


次回は、いよいよ水を入れて試運転、の巻きです。
[PR]
by aguajournal | 2010-07-18 20:05 | NA Style

AGUA FALL 艤装中 その2

パーツ到着待ちのため、一旦小休止のAGUA FALLです。
上部甲板は、ほぼ完成しました。
前部と後部は、アルミパンチング板、中央部はガラスです。
前部と後部をパンチングにしたのは、Vシリーズの雰囲気を出したかったのと、通気、それと吸水、排水のパイプを通すための加工がしやすかったからです。
e0149241_20553454.jpg


排水パイプ端部。こことフィルターを接続します。
ガラス管もちょっと加工しました。
ガラス管切りで水をかけながら少しずつゆっくりとカット。
割ってしまわないか、ハラハラドキドキの作業でした。
e0149241_20561446.jpg


環境管制電装品の配線。
e0149241_20572484.jpg


マメエコライトLED部分。
e0149241_2057553.jpg


フルで点灯させていると結構熱くなるため、ヒートシンクとファンで冷却しています。
e0149241_20585833.jpg


【AGUA FALL 諸元(一部)】
 大きさ : W 600mm × D300mm × H450mm
 照 明 : MAME ECO LIGHT
 フィルター : EHEIM 2213
[PR]
by aguajournal | 2010-07-13 21:13 | NA Style

AGUA FALL 艤装中

昨日、横濱工廠ドッグに入ったAGUA FALLですが、突貫で艤装中です。
今回特に活躍中の工具類。
アクアをやっているのに、何故かカメラ、レンズ、工具類が増えています。
e0149241_1812854.jpg


フロントスライドゲート部。
アルミチャンネルを本体に接着。
e0149241_1831321.jpg


甲板後部はアルミパンチングで。
e0149241_1821774.jpg


甲板後部を内部から。
主装備のステーに干渉しないようカット。
アルミチャンネルで2枚のパンチングパネルをつなげ、たわみに対して補強しています。
e0149241_186851.jpg


主装備ステー。
e0149241_1863051.jpg


前面右下にマーキング。
e0149241_186578.jpg


美國製環境管制電装品を装着。
試運転、調整中。
e0149241_188618.jpg


甲板中部はガラスで。
e0149241_1883552.jpg


出来高率、約6割といったところです。

完成まで、いましばらくお待ちください。
[PR]
by aguajournal | 2010-07-11 18:13 | NA Style

AGUA FALL 到着

帝国樹脂板加工工廠により製造されたAGUA FALLが本日無事横濱工廠に到着いたしました。
e0149241_21544699.jpg


早速、検品。
e0149241_2155495.jpg

検品の結果はOKでありました。

ドッグを準備中。
60を一旦お休みにして場所を作りました。
60の水草は、45Hと60Hへ配分。
e0149241_21555820.jpg


水草が増えた45H。
e0149241_21565154.jpg


あと、こういうものを揃えてしまいました^ ^;。
リラックスできます。
e0149241_2232041.jpg

[PR]
by aguajournal | 2010-07-10 22:05 | NA Style
久々に15Cube オーバーフローの登場です。
既にろ過も立ち上がり、安定しています。
e0149241_2030450.jpg


石を3個入れて、ガサゴソとヤドカリ君も居ます。
e0149241_20305665.jpg

なんか「ゆる顔」のヤド君。
e0149241_20312664.jpg


あと、ハゼ君も居ます。
石の下の砂を口に含んで外で吐き出し、自分の居場所を工事します。
作業に疲れたので、ちょっと休憩。
e0149241_2033423.jpg

「さ、仕事、仕事!」と持ち場に戻ります。
e0149241_20333613.jpg


・・・という15Cube オーバーフローでした。

そして、最近話題の南Sekadau。
e0149241_20354341.jpg


良い感じです。
[PR]
by aguajournal | 2010-07-07 20:36 | NA Style

AGUA FALL

アクア廃人道の一つの結論。
それがAGUA FALL。

なぜ手間のかかることを敢えてするのか・・・
なぜ合理的な道を選択しないのか・・・
そもそもそれに何の意味があるのか・・・

でもやってしまう・・・
思いついたらやらずにはいられない・・・
それがアクア廃人道・・・

底なし沼へのご案内。
沼に入れば心地良い・・・
それがアクア廃人道・・・

ちょろりと思いつけば・・・
ころりと転げ落ちる・・・
ちょろりころりのAQUA Hi-Jeen(廃人)シリーズ
AGUA FALL 60(sixty)・・・
エコタイプ・・・
あの人が最後に言った言葉です・・・

近日公開予定。

e0149241_046164.jpg



[PR]
by aguajournal | 2010-07-05 00:46 | NA Style

THE BOOK OF ADA !

本日、これが手に入りました。
e0149241_1657634.jpg


THE BOOK OF ADA 
e0149241_16572758.jpg

なんと、今回2冊組です。







って、嘘ですけどね~、2冊いただいてまいりました。

おなじみ、美しい水景写真。
e0149241_16598100.jpg


イラストも満載でセッティングや器具の解説など詳しく記述されています。
こんなに書いたらアクアジャーナルの記事がなくなってしまうのでは・・・?!
と思うほど、気合いが入った作りです。
e0149241_1721100.jpg


製品の入れ替わりの激しい化粧砂。
今回はコンゴサンドとメコンサンドというのがラインアップされています。
e0149241_1711666.jpg


そして、事前の告知どおりDo!aquaも掲載されています。
e0149241_1731012.jpg


このCo2、小型で良いなぁ、と前々から思っているのですが、出るのはまだ先のようです。
e0149241_1741266.jpg

プラントグラスのニューフェイス。
一番右のは男子トイレのような・・・(^ ^;)。
e0149241_175686.jpg


佗び草もありますよん。
e0149241_176852.jpg


今回のTHE BOOK OF ADA。
昨年のカタログと比べて厚さは2倍。
内容はそれ以上の充実ぶり、と感じました。
[PR]
by aguajournal | 2010-07-03 17:07 | NA Style

MEL到着

さて、本日お願いしていたブセが無事到着いたしましたので、V-SPに。
ネームタグもパソコンで印刷して付けました。
e0149241_2134586.jpg

ハオルチアにもタグを。
e0149241_2141280.jpg

ああ、これでスッキリ。

そして、本日もうひとつの到着便。
MELです。
e0149241_2152646.jpg


中味はこちら。
Mame Designの「Mame Eco Light」、略してMEL。
e0149241_2161415.jpg


Mame Eco Lightとは・・・

CPU搭載の49W超ハイパワーLED照明。
RGB(赤緑青)LEDに照明として世界初のY(黄)LEDを搭載し、自然に近い光を実現。
全点灯させるとさわやかな白い光となり、白い光でも赤い魚はより赤く、青い魚はより青く発色。
タイマー制御で自動点灯と消灯ができ、朝焼けと夕焼けをプログラムにて再現可能。
===Mame Design HPより抜粋===
むむむ、、、これは期待できますね!!

パッケージの中味です。
左上の四角いのが本体。大きさは意外とコンパクトです。
右の白いのがコントロールBOXで、本体とコントロールBOXは超薄型リボンケーブルで繋がっています。
e0149241_2110592.jpg


LED面。
e0149241_2115353.jpg

アルミヒートシンクとファンで強制空冷します。
e0149241_21171150.jpg

e0149241_21172125.jpg


コントロールBOXは白。
e0149241_21175120.jpg


水槽にはポリカーボネイト樹脂のスタンドで装着し、高さ、上下左右の角度が調節可能となっています。
e0149241_2119951.jpg


昨年のいつだったか忘れてしまったくらい前に予約して、6/29、発売となりました。

何やら期待させるMEL。
今、別のところにお願いしているHi-Jeen Agua Fall 60の到着を待ってセッティングしたいと思います。

デビューまで今しばらくお待ちください。
[PR]
by aguajournal | 2010-06-29 21:22 | NA Style

coming soon>>>

e0149241_20482938.jpg

[PR]
by aguajournal | 2010-06-28 20:49 | NA Style