for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

リニューアル

どうも調子が出ず藍藻もでてきたので、25をリニューアルしました。
これがBefore・・・
e0149241_23475241.jpg

で、一度クリアにして・・・
e0149241_23481797.jpg

そして、After・・・
e0149241_23484978.jpg

青龍石はそのままに、ヘアグラス、ショートヘアグラスのまとめ植えです。
気になっていた前面の底床の厚みも、以前より薄くしました。

「逆さ富士」ならぬ「逆さ青龍石」。
e0149241_23581991.jpg

今日は、先週に引き続きゴルフだったので、帰宅してから作業したんですけどゴルフの後だけに中腰の作業とか、えらい疲れました(× ×)・・・
30×10×10の作業は、少し間をあけて疲れがとれてから・・・ですね。
水面に油膜が出てきたので、出水口を上に向けて水面を揺らすようにしたら、油膜は消えてくれました~。
e0149241_23592821.jpg


それと、じょえさんのブログで苔盆を拝見して、「こりゃあ良い!」ということで、早速、稚拙ながら真似をさせていただきました。
お皿がなかったので、手持ちの鉢にセット。苔と八海石です。この組み合わせは良いですねぇ。
e0149241_00282.jpg

こんな感じ。
e0149241_002340.jpg

苔って、確か日が当たるのと影になるのとが適当にないとダメなんですよね。
管理を工夫しないと・・・置き場所をどこにしようかなぁ。窓際ですかねぇ。

型は古いが、音は最高。
e0149241_02341.jpg

e0149241_032138.jpg

for nature aquarium life

[PR]
by aguajournal | 2008-11-30 00:06 | Layout

大判レンズ

この前の日曜日、千葉の成田方面にゴルフに行ったんですけど、プレー中にSQのA380が離陸していくのを見て、「ほほぉ~」と感激いたしました。
さすがに胴体太かったです。

さて、唐突ですが、水景の撮影用に3つの大判レンズがあります。
いつもは、防湿庫に保管しているんですけど、たまに出してシャッターを切っています。
e0149241_22355152.jpg

いずれもシュナイダーですが、まずは、三男坊のXenar 5.6/150
2008年のコンテストはこれで撮影しました。使いやすいです。
e0149241_22384677.jpg

続きまして、次男坊のSymmar 5.6/210。あまり出番がありません・・・ごめん(^ ^;)。
e0149241_23293714.jpg

そして、長男のSuper-Angulon 5.6/90。一番のお気に入りです。
2008年以外のコンテストはすべてこれで撮影しています。
中古の良い出物がありましたので押えました。
(カミサンには購入価格の1/3で申告しています。まぁ、これに限らずですが・・・)
e0149241_22441464.jpg

初めて大判写真を見た時は、「なんじゃ、こりゃ!」と思いましたね。だって、魚が浮いて見えるんですから。これは凄い、と思いましたよ。
それから、大判写真の本を買ったりして見よう見まねでやってます。
手間はかかりますが、手をかければ、かけただけの事が出るような気がしてます。
ちなみに、三脚はマンフロットです (関東乃山会公認シール付)。
e0149241_23301850.jpg

フィールドなんかに出たりする時のレンズ持ち運び用ケース。まだ、出たことないんですけどね・・・(^ ^;)
e0149241_23322970.jpg

中はこんな感じ。引越しの時に使うエコロジコンポみたい。
e0149241_23332894.jpg

デジカメでの応募も多くなってきているようですが、次回も4×5で。やっぱり90mmかな。
e0149241_22531882.jpg

e0149241_22552080.jpg
for nature aquarium life

[PR]
by aguajournal | 2008-11-26 22:56 | Photo

ビビるエビ

レッドライントーピードに絡まれて、八海石の上でビビるヤマトヌマエビ。


エビA 「ちょいと、おまえさん、おまえさんてば。今、目の前を何か通り過ぎなかったかい?」
エビB「何かって、おめぇ、そりゃ、あれだよ、あの・・・ おお!ビックリした!!」

エビA「赤いの、通ったわよね!」
エビB「なんでい、なんでい、おめえ達は・・・。 人様の目の前をパーパー通りやがって・・・
    おっと、あぶねぇじゃねいかい!! 」

エビA「おまえさん、もう帰りましょうよ・・・あたしゃ、おっかなくて・・・」
エビB「待て待て、こちとら一言、言ってやらねぇと気がすまねぇんだ。こんちくしょう! やいやい!」
「おわっと!! な、何しやがんでぃ!!」 
  
・・・・エビ夫婦の運命やいかに。
・・・・この続きは、また明日のココロだぁ~!!
  (続かない、続かない)
[PR]
by aguajournal | 2008-11-24 21:47 | Layout

God is in the details

30×10×10ですが、フィルターを回し始めました。
e0149241_20255636.jpg

底床はアマゾニアのパウダーをチョイス。
サイズが小さいゆえ、ノーマルだと違和感があるのでこれにしました。

ということで、今回のテーマは・・・
God is in the details
「神は細部に宿る」・・・ 細かいところの作り込みが全体の完成度を高める、といったところでしょうか。
このサイズに限らず、たとえ90でも、120でもそうなのですが、今回は特にこだわってみようと思います。
まぁ、どこまで実現できるか・・・・途中でグズグスになってしまうような・・・(^ ^;)
とにかく、トライ!

フィルターは、エデニックシェルト。
e0149241_20344120.jpg

吸水部はこれ。アクリルパイプで自作しました。切り込みが難しい・・・
e0149241_20352992.jpg

エルボで曲げてフィルターへ。
e0149241_2036711.jpg

フィルターからは異径アダプタをかませてチューブで戻します。
途中にコックを付けて流量を調節可能にしました。絞らないと洗濯機状態になっちゃいますからね。
e0149241_20385979.jpg

先っぽはこんな感じ。アクリルパイプを曲げて作りましたが、イマイチかっこ良くないので、ちと不満。
e0149241_20593498.jpg

CO2添加は、ADAのボールグラスで。ボールグラスにも気泡の出方に個体差があって、今、4本ほど持っているんですけど、コケを綺麗にするのにスーパージィ液につけると、綺麗に出るのがどれだったかわかんなくなってしまいます・・・。
e0149241_2123829.jpg

水温計も小さく。吸盤で取り付けると目立ってしまうので、アルミ板を切り出してクリップ状態にしてパチリと差し込みます。これでスッキリ。
e0149241_21314155.jpg


右側2つの八海石。
e0149241_2135542.jpg

左の1つ。くぼみ具合が良い雰囲気。・・・が、石の向きは要再考。
e0149241_2142075.jpg

60の水面に浮いてきたキューバを試しに植えてみました。パウダーにキューバを植えるの難しい~。
e0149241_2162910.jpg

侘び草キューバだと便利なんですが、ここには大きすぎて入らないし・・・
チャームで売っているキューブ状のキューバも良いのですが、成長してくると下のウールマットと分離してきてしまうので、長期維持には向かないんですよね。
ここは、正統派で状態の良いキューバを仕入れて、植え込勝負ということで。

e0149241_211186.jpg

To be continued...

e0149241_21132538.jpg

for nature aquarium life

[PR]
by aguajournal | 2008-11-23 21:19 | Layout

模様替え

頼んでいた素材が届きました。
e0149241_1905947.jpg

おまけでステッカー、いただいちゃいました (^ ^)・・・どうも、ありがとうございます m(_ _)m
e0149241_18575024.jpg

それで、肝心の素材はと言いますと・・・ これ!
小ぶりの八海石 !!
e0149241_18583736.jpg

今回は、これを使ってレイアウトしようと思います・・・・・・が・・・・・。
その前に、設置場所作りから。
まずは、45の横で使っていた照明を25に転用。
e0149241_193222.jpg

次に、25の下に置いてあったV30を45の横に。
e0149241_194770.jpg

V15に入っていたエキノ侘び草は外に出して、代わりに観葉植物と流木をセットしてV30の横に置きました。
e0149241_195364.jpg

で、エキノ侘び草は、和骨董の水鉢に入れました。
e0149241_1972934.jpg

ようやく、V30を移動した後に、30×10×10を置いて、八海石をレイアウトであります。
フィルターは25で使っていたエデニックシェルトをもってきて、25には使わないでトランクルームで待機していた2211を。
e0149241_19114878.jpg

三連休後半で水を回して水草の植え込み予定です。
「あんだけ買って、使うのこんだけ~?」というツッコミは無しで・・・f(^ ^;)

閑話休題、水景二題。
60前景のキューバからリシアが伸びて樹木みたいに・・・。
e0149241_19141050.jpg

45のドワーフニムファ。調子良いです。
e0149241_191641.jpg


e0149241_2157249.jpg

for nature aquarium life

[PR]
by aguajournal | 2008-11-22 19:17 | NA Style

次回構想

やってみたいことを思いついて、素材を極秘(?)発注して明日の夜、到着予定です。
タンクは既にあるので問題ないんですけど、どこに設置するかが問題。

照明とCO2を確保するために、第一候補は25の下のココ。
e0149241_21415566.jpg

今はなき名品V30を設置して、侘び草2コ、コブラとホシクサの鉢植を入れてます。
e0149241_21432777.jpg


ここに置くとすると、このV30の引っ越し先ですが~~~・・・・・・・・・・・・ココかな???
45の横のV15を置いているところ。
e0149241_21445747.jpg

そうすると、このV15をどうするかですが・・・・      どうしましょ、困った、困った(× ×)。

ちなみに、V15の横にある風車は、台座にあるソーラーバッテリーでゆったりと回ります。
e0149241_214948.jpg

光源を相当近づけないと回らないのが、なんだかなぁ、ですが(^ ^;)。

[PR]
by aguajournal | 2008-11-19 21:51 | Layout

25スペリア

同じような構成で申し訳ありませんが、今回は、いまいち調子に乗り切りていない25です。
e0149241_194274.jpg

照明は、ソーラーミニのSで、フィルターはエデニックシェルトを使ってます。
おなじみ、斜めと上からのショット。
e0149241_1955574.jpg

e0149241_1961086.jpg

e0149241_19223238.jpg

石は、青龍石。水草は、後景はテネルスとブリクサショート、前景にはショートヘア、グロッソ、ヨーロピアンクローバー、プチナナ、モスを使って、オーストラリアンノチドメをチロチロッとアレンジしました。こんな感じですね。
e0149241_19122516.jpg

この青龍石は白い部分が多くて、山肌の雪渓のようにも見えます。下の方にレンズが写り込んじゃいました(^ ^;)。
e0149241_19145132.jpg

CO2は、ミュージックグラスの10mmのタイプ。パレングラス・ミニよりもサイズが小さいので、この水槽には、こっちの方が良いですね。フォルムもまあまあ。これはGoodです。
e0149241_1917355.jpg

給排水は、リリィパイプ・ミニを使っていますが、出水側P-1の出口には、前に割ってしまったミニV-1の先っぽをカットしたものをはめ込んで、出水の勢いを緩めています。
e0149241_19212140.jpg

魚は、入れていませんが、コケ対策でヤマトを入れてます。
e0149241_19235480.jpg

ちょいと底床が厚ぼったくなってしまいました。もう少し薄くしてシャープな印象にしたいんですけどね。
e0149241_19252837.jpg

[PR]
by aguajournal | 2008-11-15 19:26 | Superior

45スペリア

もう2年位維持している45スペリアです。
すごく調子が良くて、水草がモコモコ増えます。
e0149241_23274345.jpg

近くによると、こんな感じです。
あまり見えませんが、万天石と枝流木、それにミクロソラムのナローリーフ、ボルビをアレンジして、前景にはグロッソ、ショートヘア、真ん中あたりにドワーフニムファを植えてます。
e0149241_2330106.jpg

魚は、プンティウスロンボオケラートゥスラスボラカロクロマです。
e0149241_2333641.jpg

ロンボオケラートゥスカロクロマは、お気に入りの魚でシダ系の水草によく合いますし、飼い込むとオレンジ色の体色がとても綺麗です。黒の模様も面白いですね。
e0149241_23362740.jpg

e0149241_2336398.jpg

水槽を上から見たところです。
e0149241_23382314.jpg

今度は、斜め上から。
e0149241_2339581.jpg

下のほうから水面に向けて撮ったショット。水面に鏡のように映ってます。
e0149241_2341474.jpg

ロンボ君がスイ~ッと・・・オレンジが良い対比となってます。
e0149241_2343271.jpg

最後に泳ぐ姿を。

・・・と、こんな感じです。
実は、この水槽、2007年の世界選に出したものです。その後、少しずついじっているので変わってきていますが、手間いらずでお気に入りの水槽です。ちなみに、順位は276位でした。2007年の作品集をお持ちの方は、良かったら見てみて下さい。
[PR]
by aguajournal | 2008-11-11 23:51 | Superior

60スペリア

八海石を組んだ60スペリアの様子です。
今回は、右側に親石、副石、添石の3個、左側に副石の1個で計4個の八海石を使用しています。
二群配石とみれば、左側は親石1個ですかね。
右側はもう少し起こした方が良いかもしれません。全体的にもう一回りボリューム感があるとよいのですが・・・。
水草は、前景に侘び草キューバパール、中~後景にブリクサショートを植えています。
e0149241_21325145.jpg

こちらは右側部分。魚は、レッドライントーピードバルブ5匹を入れてます。
丸みがかった八海石とトーピードの流線型が良い対比で気に入っています。
e0149241_2133208.jpg

こっちが左側。
e0149241_21344535.jpg

八海石は、独特の窪みに味わい深いものがあります。向きや傾きで表情を変えるので、レイアウトしている時に思わぬ顔を見つけた時は面白いですねぇ。時々、人の顔に見える時もあって、ちょっとドキッ!としたりします(^ ^;)。
斜めから見た様子。ハイ、お辞儀して皆さんにご挨拶~。
e0149241_2144632.jpg

反対からだと・・・。
e0149241_21444543.jpg

石の後ろには、侘び草を入れてます。ヘアグラスがメインですが、有茎草も出てきているので偶然で良いアクセントになるかも。
e0149241_21484998.jpg

キューバパールも少しずつ伸びてきています。
e0149241_21525712.jpg

APグラスとスタンド。これは、なかなか便利グッズです。
e0149241_21545696.jpg

これからは、草の成長の様子を見ながら、微調整しつつ、仕上げていく予定ですが、どうなりますか・・・。
e0149241_21563970.jpg

[PR]
by aguajournal | 2008-11-09 22:02 | Superior

Marine

17キューブをマリンにしてみました。
水槽をセットして、バクテリアを入れて1週間水を回してから、ライブロック、ソフトコーラル、クマノミ1匹をいれました。
e0149241_21512726.jpg

一応見てくれを考えて配置したつもりなのですが、何だかレイアウトも何もなく、ただ並べてみました、みたいな感じになってしまいました・・・
e0149241_21532868.jpg

スターポリプ、マメスナギンチャク、などのソフトコーラルで蛍光灯でもいけるようなものを選んでみました。
照明は、KOWAの17000K、24W 1灯です。
17キューブという限られた水量でもあることから、お魚はクマノミ1匹だけとしました。
ちょっと寂しくてかわいそうかな、とも思いますが、複数入れるにはリスクが高いですからこれで行こうと思ってます。
ショップにも相談して、小さめのエビ1匹くらい入れるかもしれません。
e0149241_2158518.jpg


蓋は、伝説のショップ「あとりえ麗」特製の「スペリア専用スーパークリアガラス蓋」です。
ガラス屋のオヤジさんに細かく注文をつけたので、嫌な顔されたそうです(^ ^;)。
e0149241_220874.jpg

そして、全体はこんな感じ。
e0149241_2203213.jpg

なかなか面白いので、なんとなく嫌な予感がしてます・・・・・・(^ ^;;)
[PR]
by aguajournal | 2008-11-05 22:02 | Layout