for nature aquarium life


by aguajournal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ベビー誕生

うちに小型種エリオットカメレオンのペアが居るんですけど・・・
今日メンテナンスをしていたら金網のフタのところに・・・

この子がいました。
e0149241_22405223.jpg


エリオットカメレオンのベビーが生まれていました。
大きさは3センチくらいです。
e0149241_22423647.jpg


こちらがオスで・・・
e0149241_22431981.jpg

こちらがメス。
綺麗なホワイトレディです。
メスの方がふっくらしてますね。
e0149241_22441539.jpg


エリオットカメレオンは、文献によるとウガンダやザイールに分布していて大きさは大人で13センチ。
協調性もあり、このペアは確かウガンダからのWCです。

繁殖形態は胎生なので、卵ではなくてこのようにちっこいカメレオンの形で生まれてきます。
妊娠期間は90~160日で、うちに来る前から妊娠していたと思われます。

取り急ぎ流木を入れたプラケースを用意して、その中に移しました。
写真では3匹ですが、この後、もう2匹発見したので合計で5匹生まれたみたいです。
海外では一度に11匹という記録があるようですよ。
e0149241_22571794.jpg


今までコノハカメレオンのベビーも生まれたのですが、途中で☆になってしまったので今回は何とか大きくなるまで飼育したいです。
e0149241_22525856.jpg

[PR]
by aguajournal | 2011-02-26 22:58 | NV Style
最近、これといったアクア&ビバネタが無くてブログの更新間隔が開きつつあります。

もちろん、水換え、霧吹き、給餌や機器のクリーニングなどの定例業務は行っているのですが・・・。

でも、アクアじゃないことはしておりまして・・・(^ ^;)
何をしているのかと言いますと、こんなお道具箱。
e0149241_22512764.jpg


これで何をするのかと言いますと・・・
e0149241_22521237.jpg


グリーンマックスのブラ製Nゲージ客車キットを組み立てております。
手持ちのNゲージ客車セットに組み合わせてフル編成にしようと思いまして。
実際の編成と比べてそのものずばりの形式ではないものもありますが、そこはあまりこだわらずに雰囲気と言うことで。

製作はプラモデルと同じ要領で、ランナーからニッパーで切り離し、ヤスリでバリを整形。
パーツを仮組して問題なければ、接着剤で固定。
一日置いて隙間をパテ埋め、固化したらまた紙ヤスリで整形します。
e0149241_22565742.jpg


床下機器の取り付けなどは、細かいパーツが多いので老眼にはきついです(^ ^;)。
e0149241_2361597.jpg


組みあがったらサーフェイサーを吹きます。
サーフェイサーを吹くと隙間などが分かるので、パテ埋め、ヤスリで整形後、再度サーフェイサーを吹いて修正箇所を確認します。
e0149241_23121641.jpg


あ、下の客車の右奥がなんか変ですね・・・(^ ^;)
後で修正しなくては。

ということで、現在7両製作中です。
下回りは一応できたので、これから車体の塗装となります。
うまくできますかどうか。
e0149241_2320925.jpg


引き続き「ADAデッドストック」手配中です。
近々、ご紹介できるかも・・・

[PR]
by aguajournal | 2011-02-20 23:20 | Etc.

ADA デッドストック

本日、お願いしていたものが入荷したとの知らせがあり、お迎えに行って参りました。
お迎えに行ったのは、こちら。
「NATURE AQUARIUM GOODS」の文字。
e0149241_1754266.jpg

全体乃図。
e0149241_1771051.jpg

こちら、先日ADAから限定再販のアナウンスのあった「桂林石」でございます。
e0149241_17103978.jpg

「ブラウンタイプ」とありますが、Getしたのは「ブラックタイプ」。
箱が欲しかったので、ブラウンタイプのものに入れてもらいました。

中味はこんな感じで、大小合わせて7個の桂林石が入っています。
e0149241_17122996.jpg


このセットは120センチ水槽向けなのですが、全部同時に使わなくてもパーツパーツで組み合わせれば・・・
30×10×10のスペリアに・・・
e0149241_17175426.jpg

Vシリーズにも・・・
e0149241_17182884.jpg

苔やシダを置けば簡単ビバリウムの出来上がりです。

そして、もういっちょ。
「虫音」のデッドストック。
某筋からの在庫情報により入手できました。
「芒(すすき)」と「枝紅葉(えだもみじ)」です。
e0149241_1726542.jpg

中味はこちら。
左が「枝紅葉」、右が「芒」。
e0149241_1728314.jpg

実は「芒」は手持ちが1個あるので、模様を今回のモノと比べてみました。
同じ「芒」ですが、模様が違います。
「芒 sp.」でしょうか。
型で作っているのではなくて、ひとつひとつ中国の職人さんが手作りで作っていたようです。
e0149241_1732482.jpg


最後にADAではありませんが、バレンタインデーということでチョコをいただきました。
カエルちゃんと・・・
e0149241_1734615.jpg

アヒルちゃん・・・
e0149241_17351257.jpg

なんか良くできているので、もったいなくて食べれません。

・・・というような、ADAデッドストックモノでした。
(追記:現在、更に探索中です・・・)
e0149241_17372774.jpg

[PR]
by aguajournal | 2011-02-13 17:46 | NA Style

ブセ・スプリンクラー

こういうものを手に入れました。
カクダイというメーカーのミニスプリンクラー。
いくつか種類があるんですけど、これは5774という360度散水できるタイプです。
全長は6センチくらい。
e0149241_22143127.jpg


ミニSと同じサイズのパイレックス水槽に水中ポンプをセット。
パイプで回して、その先端にミニスプリンクラーを付けました。
e0149241_22162989.jpg


で、水中ポンプを回すと・・・
e0149241_22181919.jpg

くるくる回って先端から水が出ます、ってスプリンクラーなので当たり前ですが(^ ^;)。

水槽の中にはブセを並べます。
これでスプリンクラーを回せば飛沫がかかって、水際の岩場のような環境が再現できました(かな???)
タイマーで3時間毎に30分水が出ます。
上部はガラスフタをギリギリの大きさにカットして隙間を極力なくし、密閉性を高めました。
e0149241_22205295.jpg


FEED ONで購入した溶岩石にブセを。
この溶岩石は色、形がなかなか良いです。
ひっかかりも沢山あって、ブセをつけるには丁度良いですね~。
e0149241_2223161.jpg


同じくFEED ONのミニ鉢。
こういう小さいの、探すと無いんですよね。
e0149241_2224165.jpg


ミニスプリンクラー、散水の状況。


強いポンプを使えば、60サイズの水槽向けにスプリンクラー2箇所というのもできるかも。
とりあえずミニスプリンクラーは手元にあるので、またトライしてみようと思います。
e0149241_22391895.jpg

[PR]
by aguajournal | 2011-02-05 22:27 | NA Style